メマツヨイグサ (アレチマツヨイグサ)

月見草とも言われるマツヨイグサは何度か紹介していますが、今回はメマツヨイグサで、花がオオマツヨイグサより小型で数も多いです。
これは元々アメリカ原産で明治時代に入って来たもの。戦後になってその分布域を拡大したと言われており、現在では何処でも見られるものとなりました。
また花弁の間に隙間があるものはアレチマツヨイグサと分けられていたが、現在では同じものとされています。
c0036317_782657.jpg

c0036317_783577.jpg

c0036317_784788.jpg

高山市エ名子町にて
[PR]
by yoas23 | 2006-08-18 07:11 | 野山の花
<< サカハチチョウ 美女ヶ池 >>