トリカブト

秋は山からの例え通り、もうトリカブトが咲き出した。
僅かではあるが蕾が色付いたのを見付けると嬉しいものだ。
野草の中でこれほど知られた花も少ないのは、やはり猛毒と言うことからか。
昔「トリカブト殺人事件」なるものが実際に起こり、そんなことも知名に拍車をかけたようだ。
ともあれ毒草を知ると言うことは大事なことで、山菜採りの人などは特に注意してもらいたい。
よく「どの部分が毒ですか?」の質問を受けるが、このトリカブトの場合は花、葉、茎、根すべてにアルカロイドを含んでおり猛毒である。
しかし触れた位では問題ないからご安心を・・・。

このトリカブトは蔓のように伸び、垂れ下がることからイヤリトリカブトと思われる。
イヤリとは信州大町の居谷里湿原から名を取ったと言うことらしい。
c0036317_650628.jpg

c0036317_6502240.jpg

高山市野麦峠にて
[PR]
by yoas23 | 2006-08-30 06:53 | 野山の花
<< ナツズイセンとお堂 チチタケ >>