オシロイシメジ

暦上では秋のキノコのシーズンに入っている筈だが、今年は少し遅れているようだ。
春からの季節の遅れか、夏の暑さで平均気温が高かったことが影響していると思われる。
それでも一雨ごとに「ひょっとして?」と思い、山へと足が向く。
標高を上げればそこそこ見られるのでこれからが出盛りとなるようである。

昨年はスギヒラタケの中毒がマスコミで賑わっていたが、同じようなことが言えるのがオシロイジメジ、共に白いキノコだ。
シメジ科で食用になることは多くの図鑑に記されているが、時々中毒もあるようである。
敢えて食べなくてもよいキノコだが、列を作るように出ている様子は見るのも楽しい。
路傍や林内でよく見られるので知ってる人も多いことだろう。
昨年の写真はあまり良くなかったので再登場である。
c0036317_632593.jpg

c0036317_6321429.jpg

c0036317_6322324.jpg

c0036317_6323350.jpg

高山市高根町にて
[PR]
by yoas23 | 2006-09-21 06:34 | きのこ
<< 蕎麦の花 ハンゴンソウ >>