ガマズミ

紅葉に先駆けて色付き始める木の実がある。
里山の何処にでも見られるガマズミだが、その存在は案外知れれていない。
と言うのも似たものが多いからだろう。
甘酸っぱい赤い実は、思わず口に含みたくなる衝動に駆られるものだ。
脳天を突くような酸味で口中に唾が広がる。
ただ、この実は果実酒に良く、水やソーダ水で割るときれいなピンクの酒となり、食前酒などには持って来いである。
漬け込んで早速飲む訳には行かないが、来年の夏、氷を浮かべて・・・縁側で・・・想いは広がる。
c0036317_8563150.jpg

c0036317_8564118.jpg

c0036317_8565595.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-09-27 09:00 | 野山の花
<< 何本でもイッポンシメジ 塩沢温泉入浴記 >>