菊芋 (キクイモ)

菊芋というのをご存知でしょうか。
これもまた飛騨では赤カブの漬物”シナ漬け”に入れることから良く知られており、「から芋」とか「五升芋」、「一斗芋」の名前で親しまれ、
この時期には畑の隅に背の高い黄色い菊の花が彩っています。
菊芋は江戸時代の初期にアメリカから日本に伝わったとされ、食糧難の時代の代用食として食べられたと云われています。
また20世紀の始めにはエドガー・ケイシーという人が糖尿病の合併症に効くことを発見し、「菊芋は天然のインスリン」とも言われるほどで薬効効果でもあるようです。
この花が枯れる頃、畑からは大量の「五升」とも「一斗」とも言えるほどの収穫が望めるかも?。
c0036317_7482852.jpg

c0036317_7484516.jpg

c0036317_7485647.jpg

c0036317_749442.jpg

c0036317_7491337.jpg

c0036317_749231.jpg

上4枚は野生化したもので高山市丹生川町、下2枚は飛騨市古川町にて
[PR]
by yoas23 | 2006-10-03 07:52 | 野山の花
<< 飛騨高山農道空港 サクラシメジ >>