飛騨大鍾乳洞 4

さていよいよ鍾乳洞のご案内もこれで最後。
第二、第三の洞窟はだんだんに拡張されて来たものだが、最初に発見されたのが一番上だったため、どうしても繋げたかったのだろう。
谷川をくぐり抜け、急坂を階段で登るため、少しは息苦しくも感じるが、第一とはまた違った感じがあって良い。
c0036317_7204593.jpg

↑ お馴染みの途中出口を案内する看板と、キクガシラコウモリやトビムシなどの洞内の生息動物などを紹介したパネル
  (キクガシラコウモリは階段を登る途中で頭上を掠めて飛んでいたが、撮影は敏感で出来なかった)

c0036317_7205637.jpg

c0036317_721859.jpg

c0036317_7211948.jpg

↑ 学名などを紹介した看板が続く

c0036317_7212816.jpg

↑ 大仏の耳と名付けられた鍾乳石

c0036317_7213814.jpg

↑ 上へ、上へと階段が続く

c0036317_7214710.jpg

↑ そしてやっと出口 (入り口が遥か下方に見られる)

c0036317_7215930.jpg

↑ 駐車場に下る途中の対岸に見られる「発見場所」の看板

c0036317_7284732.jpg

↑ 歩道を下ること10分ほどでようやく入り口まで戻って来た
[PR]
by yoas23 | 2006-10-10 07:29 | 飛騨の国紹介
<< 秋の高山祭り 2 秋の高山祭り 1 >>