秋の高山祭り 4 (巡幸行列)

高山祭りのもう一つの呼び物は巡幸行列である。
神様が氏子内を巡るもので、お旅所までの往復をお供を揃えて練り歩く。
何処の祭りもこの巡幸行列は付きものであり、大なり小なりの行列が続く。
獅子舞は各戸の玄関先で舞い、お賽銭を集める。
人足は氏子が総出で出るのだが、高齢化などの理由で出られない家では、知人に頼んで代わりに出てもらったりもしており、また鉦叩きなども少子化の影響から以前はご法度だった女子の参加も認めている。
時代も変ったものである。
c0036317_17274021.jpg

↑ 先頭は社名旗

c0036317_17275653.jpg

c0036317_1728683.jpg

↑ 大榊、獅子と続く

c0036317_1728172.jpg

c0036317_1728284.jpg

↑ 闘鶏樂(鉦打ち)は独特の衣装で

c0036317_1728427.jpg

c0036317_17285112.jpg

↑ 宮司は警護に囲まれて

c0036317_1729117.jpg

c0036317_17291313.jpg

↑ そして最後は屋台が・・・

c0036317_17292331.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-10-10 17:36 | 飛騨高山 四季の旅
<< 秋の高山祭り 5 (祭り風景色々) 秋の高山祭り 3 (夜祭) >>