シモフリシメジ

このキノコが出るようになるとシーズンもそろそろ終盤だ。
飛騨では漬物にするサクラシメジやホウキタケなどど共に馴染みがあり、
市場やスーパーにもよく並ぶキノコである。
値段も1パック1500円ほどと高いが、それも人気のある証であろう。
落葉始める頃がピークとなるため飛騨ではシバカブレ(芝被れ)と呼ばれるが、
それ故葉が被る前に採らなければ多くの収穫は望めない。
また壊れやすいので篭に入れて運ばなければバラバラになってしまう。
歯ざわり、味ともに優れており何にでも使えるが、特に炊き込みご飯やホイル焼きには向くようだ。
c0036317_5253899.jpg

c0036317_525525.jpg

c0036317_526319.jpg

c0036317_5261415.jpg

c0036317_5262496.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-11-02 05:28 | きのこ
<< ヤマブドウ 八重山 石垣島 9 (最終回 帰路) >>