ハエトリシメジ

飛騨では「しょうごいしめじ」と言うが、
これはしょうごい(そよご)の木のあるような山に出ることからそう言われるようになったようだ。
多くは一本ずつ出るキノコで列になっても群生はしない。
しっかりとした柄や傘は歯ごたえがしっかりしているが、このてのシメジ独特の多少の苦味がある。
ハエには毒なのであろうか?お酒に漬けて部屋に置けば、止まったハエが死ぬという。
c0036317_8355178.jpg

c0036317_836082.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-11-04 08:36 | きのこ
<< 秋の山葵 「たぶん、オオアカゲラ」 >>