サンカクヅル

ヤマブドウのようにつる性で実が房状になるものはいくつかあり、毒のノブドウを外せば食べられるものが多いです。
このサンカクヅルもその一つで飛騨ではクサブドウの名で親しまれています。
霜が降りて葉が紅葉した頃の実はヤマブドウにそっくりとなり、味も優れ甘みが強いのが特徴です。
また葉が3裂するエビヅルの実もまた同様に美味しいです。
c0036317_8305161.jpg

c0036317_831294.jpg

c0036317_8311176.jpg

↑ まだ葉も青く、熟す前の実

c0036317_8312194.jpg

c0036317_8313264.jpg

↑ サンカクヅルの紅葉
[PR]
by yoas23 | 2006-11-11 08:34 | 山歩き
<< 千間樽よりの乗鞍岳 絵を描く >>