千間樽よりの乗鞍岳

飛騨の東側には飛騨山脈(北アルプス)が控えているが、その南端は御岳。
御岳山麓を通称千間樽と言う高原が広がっている。
ここからの乗鞍岳は、何時も高山市内から見慣れているのとは違って薄っぺらな感じがするが、麓が広く堂々としたものである。
この日は前日の雪が山の頂に白く輝いて見えた。
c0036317_2355627.jpg

c0036317_2361087.jpg

c0036317_2362038.jpg

c0036317_2362959.jpg

1枚目のみ800×600
高山市高根町にて
[PR]
by yoas23 | 2006-11-12 02:38 | 山歩き
<< 熊鍋 サンカクヅル >>