種蔵の板倉と石垣棚田 ①

飛騨市宮川町の種蔵という所は十数軒の集落ですが、石垣で築いた棚田と板倉の風景は環境省の香り百選に選ばれており、宮川村(現飛騨市宮川町)の集落保全地域にも指定されています。
ここにある板倉は母屋とは随分離れた場所にあるのが特徴で、これは集落そのものが山の斜面にあるため、火事の時大切な穀物倉が類焼から免れるためのようです。
こじんまりとした倉はどれも板葺きであり、最近屋根だけがトタン板に代わったようですが、昔は屋根も刳で葺いてありました。
またここは飛騨で名の知れた赤カブの品種「種蔵紅」の発祥の地でもあります。
c0036317_6203393.jpg

c0036317_6204149.jpg

c0036317_6205148.jpg

c0036317_620595.jpg

c0036317_621711.jpg

c0036317_6211651.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-11-30 06:21 | 飛騨の国紹介
<< 種蔵の板倉と石垣棚田 ② 輪島の朝市 >>