種蔵の板倉と石垣棚田 ②

昨日の板倉に続き今日は石垣棚田の紹介です。
種蔵は山の斜面の僅かな平地を利用して開かれた集落ですが、麓の巣ノ内集落とは違い水利には随分苦労したようです。
畑として作物は良く獲れたのですが水田も無く、昭和の戦前に耕地整理組合が棚田としての整備を始め、
同21年9月に現在の石垣棚田が完成したというから歴史は新しいです。
水田への水は隣の菅沼谷より用水路で引いています。
c0036317_7405953.jpg

c0036317_741844.jpg

c0036317_7411816.jpg

c0036317_7412738.jpg

c0036317_7413689.jpg

c0036317_7414688.jpg

c0036317_7415481.jpg

c0036317_74262.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-12-01 07:43 | 飛騨の国紹介
<< 今年のエノキダケ 種蔵の板倉と石垣棚田 ① >>