オドリコソウ

オドリコソウといえば春の花であるが、すっかり忘れてしまっている晩秋の今また会うことが出来た。
何度か霜が降り、初雪も舞って野辺には花らしい花が見られなくなっているのに・・・。
各地では桜の狂い咲きやタンポポの二度咲きが伝えられ、市内でも何ヶ所か季節外れの桜など見られるのだが、
このオドリコソウは見れば一番上段が咲いている・・・と言うことはずーっと夏中咲いていてこれが最後の花と見られる。
一瞬の花期のものが多い中、これだけ長く咲く花もあるのだと・・・つくづく自然の多彩さには驚かされる。
c0036317_8836.jpg

飛騨市宮川町にて
[PR]
by yoas23 | 2006-12-04 08:11 | 野山の花
<< 雪が舞う 山椒は小粒でも・・・ >>