柿のある風景 ②

冬型の気圧配置になると太平洋側では晴天が続きますが、飛騨の北部は日本海側の気候となり曇りや雪の日が多くなって来ます。
この日は晴れたら見られる北アルプスとも何日振りかのご対面となりました。
そして日増しに白くなって行く山肌を見て、里の人たちは雪に備えます。
冬越し用の野菜を畑に埋めたり、庭木に雪囲いを施したり、タイヤは冬用のスタッドレスに替えたりと、忙しく準備は進みます。
c0036317_7254797.jpg

↑ これは柿のある風景で紹介したのと同じアングルで昨日の撮影

c0036317_7443611.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2006-12-06 07:26 | 飛騨高山 四季の旅
<< 岩魚の骨酒 雪が舞う >>