両面宿儺の御膳石

丹生川のすくな祭りなどで何度か宿儺(すくな)の名はこのブログに登場していますが、
高山市丹生川町にはいくつかのそれにちなんだ名所があります。
今回は日面という所にある御膳石を紹介しましょう。
宿儺とは日本書紀にも出て来る、身の丈は1丈8尺で顔が2面、手が4本もある怪人で、
ここ丹生川を基点として岐阜県一帯に勢力を及ぼしていたと言われています。
宿儺が実際使ったものかどうかは分かりませんが、遠き昔に思いを馳せるのも良いかと思われます。
c0036317_728487.jpg

↑ 丹生川町日面にある御膳石への案内看板

c0036317_7313175.jpg


↑ 御膳石についてのいわれ書き

c0036317_7304687.jpg

↑ 中央にある大きな石が御膳石

c0036317_728342.jpg

c0036317_7284431.jpg

c0036317_7285328.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2006-12-08 07:45 | 飛騨の国紹介
<< 赤かぶ 岩魚の骨酒 >>