赤かぶ

ここのところ毎日、テレビドラマの「赤かぶ検事奮戦記」を再放送しているが、
このドラマは飛騨高山が舞台となるもの、以前私もロケに訪れたキャストの方たちと一緒に歓談の機会があり、役者さんたちと撮ったツーショットが良い記念になっているが、
そのことはさておき、最近は赤かぶも有名になったようで飛騨以外でも作られているようで、野沢菜のように全国区になる日も近いことだろう。
さてこの赤かぶ、漬物以外の食べ方がないように思われるほど、赤かぶ漬けはポピュラーなものである。
丸のままの丸漬け、白菜と共に細かく切って漬ける切り漬け、他にあぶくまきゅうりやキノコを加えたしな漬けなど色々に加工される。
多少しょっぱく酸味があることで、暖かなご飯に良く合いお代わりも度々である。
朝市や市内のみやげ物屋では何処でも見ることが出来るのだが、一般家庭は晩秋の寒くなった頃が漬け時で、大量の菜を洗う「菜洗い」が季節の風物詩となっている。
c0036317_554072.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-12-09 05:09 | 食いしん坊
<< 両面宿儺の足跡 両面宿儺の御膳石 >>