花餅

飛騨地方の中でも高山は、お正月に家の中に「花餅」を飾る風習があります。
楓などの細枝の多い切り株を山から切って来て、紅白の餅を千切って枝にくっ付けたもので、
普通は居間の梁の上や床の間などに飾られます。
冬には花が見られない地方のせめてもの慰めなのでしょう。
近郊の農家で作られた花餅は12月に入ると市場で競りにかけられ、いろいろな大きさのものが街中の商店に並びます。
春先まで飾られた餅は、その後油で揚げてあられにして頂くのもまた楽しみでした。
c0036317_1748934.jpg

c0036317_17481966.jpg

c0036317_17482718.jpg

↑ スーパーの店先に並ぶ花餅
[PR]
by yoas23 | 2006-12-15 17:50 | 飛騨高山 四季の旅
<< つくし  何時もの風景 (年の瀬近く) >>