虹色の雲

冬の空によく見られる虹色の雲、今年はその出現頻度が高いように思われます。
上空高くに広がる雲に太陽の光が当たり、虹色を呈するものであり、
英語ではNacreous Cloudsといいますが、日本語では特別な呼び方は無いようです。
nacreousとは真珠の輝きとか真珠光沢という意味であり、虹雲と訳すのが適当かと思われます。
昨年紹介した虹雲はこちら
c0036317_2093439.jpg

[PR]
by yoas23 | 2007-01-10 20:10 | 日々の発見
<< アカゲラ 山茶花 >>