ほたるいか

イカの仲間でも小さく、親指ほどの大きさしかないホタルイカ、日本海の特産であり、産卵に富山湾へ集まると言われ北陸の特産品でもある。
全国的には知られていないものの最近では物資の流通範囲が広くなったのか、今まで売られていなかった場所でも見られるようになった。
飛騨では昔から良く知られており「マツイカ」の別名でも親しまれている。
旬は春先でちょうどこれから4月の半ば頃がシーズンで、最も美味しくなるのは4月に入ってから。
春の山王祭りのご馳走には欠かせないものであり、釜揚げしたものを生姜を溶いたたまり醤油に付けて食べるのは、まさに飛騨の春の味である。
c0036317_18222289.jpg

[PR]
by yoas23 | 2007-02-06 00:03 | イラスト・スケッチ
<< 煥章館 (かんしょうかん) 側溝 >>