越中より飛騨へ

富山から飛騨高山に通じる道は少なく、白川郷を通るのを除けば昔から3本しかない。
神岡を経由するものと八尾から楢峠を通って河合に入るもの、それにこの宮川村内(現飛騨市)を通るものであるが、どれも難所続きの道である。
江戸時代にはそれぞれの街道に番所が置かれていたが、ここ宮川町の小豆沢にも口留番所跡が残り、近くにあった篭の渡しとともに史跡に指定されている。
山足が高く断崖が続く地形は、宮川の水量も多い昔では渡るのも大変だったと想像される。
c0036317_5531669.jpg

c0036317_5532578.jpg

c0036317_5533539.jpg

飛騨市宮川町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-02-13 05:54 | 飛騨の国紹介
<< 椿とメジロ にぎり寿司 >>