芋の田楽

飛騨にはいくつかの郷土料理があり、その中のひとつがこのジャガイモの田楽。
ジャガイモを茹でて皮を剥き、あぶらえ(えごまのこと)を炒って擂ったものに醤油など調味料を加えて練ったもので和えるといった、いたって簡単な一品だがあぶらえの香ばしい香りが良い。
和え物はその土地によって変るもので、例えば隣の信州では胡麻和えやくるみ和えなどが一般的であり、あぶらえを使うことはまず無いという。
c0036317_5343417.jpg

冷めた田楽は昔は囲炉裏の炭火で炙って食べたものである。
[PR]
by yoas23 | 2007-03-06 05:39 | 食いしん坊
<< 食べ物のついでに「うな丼」 冬は時々きりたんぽ鍋なのに・・・ >>