食べ物のついでに「うな丼」

日本の食らしく感じるものは例えばお寿司であり天ぷらであり、日本古来からの工夫とアイデアから生まれたものが多くありますが、こと丼物に関しては数え切れないほどの種類があり、つくづく日本人の知恵には感心させれれます。
ところで丼と言えば何を思い浮かべられますか?、カツどんや天丼はもちろんですが、最近ではうに丼、イクラ丼などほんとに何でも載せれば丼と化してしまいます。
さて今回のうな丼、何も土用丑だけでは無いのですが、店屋物は高級感のイメージは拭えませんね。
今でこそ中国産のうなぎの蒲焼が手頃な値段で買えますが、昔は贅沢な食品でしたね。
この辺りだと浜名湖や三河のうなぎが有名ですが、川から獲って来る天然物はまた味が違います。いわゆる泥臭みが無いのです。それでいて脂は乗っている・・・これ以上のうなぎは無いですね。
c0036317_2065655.jpg

[PR]
by yoas23 | 2007-03-07 00:02 | イラスト・スケッチ
<< 深谷ダム 芋の田楽 >>