深谷ダム

飛騨は山国、山足の高い地形から深く峡谷が続く。
従ってダムの建設には特に向いているようで、富山から飛騨に入っても、また岐阜から入っても、どちらからもダムが続く風景には変わりが無い。
ダムには単に発電用のものと灌漑用など多目的のものとがあり、発電用の大規模なダムは常に水量がコントロールされていて、凄まじくダムサイトを流れ落ちる水のカーテンは見事なものである。
そちらが動なら灌漑用のダムは静、静まり返ったものであり、特に用水を必要としない冬場は死んだようである。
静かな雰囲気を探るため、誰一人いない水辺に立ってみた。
あくまでも遠くまで済んだ青空ともうすぐ芽を吹く木々、それに水鳥の羽音が命あるものの証に思えた。
c0036317_2091680.jpg

c0036317_2092877.jpg

c0036317_2093836.jpg

c0036317_2094824.jpg

c0036317_2095989.jpg

高山市丹生川町深谷ダム
[PR]
by yoas23 | 2007-03-07 20:17 | 飛騨の国紹介
<< 絵に描いたミヤマモンキチョウ 食べ物のついでに「うな丼」 >>