青垂の滝

乗鞍岳から流れ出る渓谷にはたくさんの滝があり、通称五色ヶ原と呼ばれる地域にもいくつか点在します。
その中に青垂の滝があるのですがこの滝は冬期に凍りつくことで有名。
青垂には雄滝(落差90m)と雌滝(落差74m)があり、下の写真のものは雌滝です。
3月も下旬になってもまだ溶けず、夕日を浴びて青く輝くように見える姿は幻想的なものです。
以前、厳冬期に積雪の渓間を遡ってたどり着いた滝下からの氷の塊の写真を見たことがありますが、
それは神の創造物を感じさせるような感動的なものでした。
五色ヶ原へは夏のガイド同伴ツアーがあるので興味のある方は参加されると良いと思います。
c0036317_444401.jpg

↑中央部分の山肌に氷の柱が見られるのがこの滝で下はそのアップ。

c0036317_4445327.jpg

ほおのき平スキー場にて
(画像からは見え難いが左側に「雄滝」の頭の部分が見えています)
[PR]
by yoas23 | 2007-03-26 04:54 | 飛騨の国紹介
<< 庭の雪割草 能登で地震 >>