楽器の手入れ

先日ギターの弦を張り替えました。
昔はエレキギターも使っていましたが、最近はギターと言えばクラシックしか鳴らさなくなり、他のフォークギターやガットギターはお休み状態のままです。
使わないとなると手入れも怠りがちで、思いつかなければやりもしないのは当然なのですが、たまには明るいところに出してやろうと思い、とりあえず全部のギターに風を当てることにしました。
緩んだ弦を張り替えようと楽器店へと行ったのですが、昔懇意にしていた店は今は無く、他の店に入りましたが、さてお気に入りの銘柄がありません。
私はクラシックの場合はオーガスティンかフランス製のコンセルティステのナイロン弦を使っていたのですが、それが無く仕方無しにヤマハを購入。
ヤマハの弦はフェンダーと共にエレキで愛用していましたが、私の場合音が少し硬いのがクラシックには不向きと判断、止む無く舶来に惹かれたのでございます。
とは言っても腕の方も優れている訳ではなく、あまり偉そうなことも言えませんが、腕が悪いからこそ楽器に、そして弦にまで頼ってしまうのです。
[PR]
by yoas23 | 2007-04-07 04:56 | 想うこと
<< 産直市場 あじか 盗人神様 >>