産直市場 あじか

冬の間閉ざされていて、再開した野菜の産直市場が気になり覘いてみた。
野菜はほとんど露地ものが多く、スーパーと違って季節感が楽しめるのが良いので、暇があれば行くことにしている。
真夏になって玄関先に近所のお百姓さんからお裾分けが届けられるまでは、半分台所を預かる者としては有り難い存在でもあるのだ。
さて今回は何が?・・・
c0036317_32273.jpg

↑季節の野菜 早速あさつきから・・・
c0036317_3243711.jpg

↑ほうれん草(左)となばな 
c0036317_3245079.jpg

↑ふきのとう
c0036317_3251710.jpg

↑そば粉とそば米
c0036317_3252851.jpg

↑あぶらえ(えごま)を擂って味付けしたもので五平餅や和え物などに使う

余談 2枚目右に写っているな花を飛騨では折菜と呼ぶ。
高山の町は朝市が有名であるが、子供の頃は近在のお百姓さんがリヤカーで野菜を売り歩いていた。
「何々いらんかな~」と呼びながら通り過ぎるのだが、旅館に泊まった観光客がその声を聞いてビックリしたという。
「おりないらんかな~」を「女いらんかな~」と聞き違えたとか?
高山は朝から恐ろしい所だと・・・売り手のおばさんの訛りだったのか?聞き間違いだったのか?そんな話しがあった。
[PR]
by yoas23 | 2007-04-08 03:33 | 日々の発見
<< ウグイスの初鳴き 楽器の手入れ >>