人を殺してはいけません

こんな当たり前のことですが、何故殺人事件って多いのでしょう?
単に「その人間が憎いから」だけではその後のリスクが大き過ぎます
人を殺すということは一時の感情が昂ぶった場合や、蓄積されて爆発した場合など様々だと思いますが、
自分中心の世界を描いてるからこそ他人が邪魔になって来るのです。

以前にこのブログで書いたことがあると思いますが、人は群れで生活する動物です。
だから袖擦れ合えば摩擦が生じ、ストレスを感じるのは当たり前のこと。
そのストレスが暖かさと感じられるような懐の広い、感性の優れた人間になってもらいたいですね。

テレビのチャンネルを変えれば何処かで殺人事件を扱ったドラマが放映されています。
あんなの私は面白いと思って観たことはありませんし、最近はテレビ自体見なくなりました。
番組は多種にわたって放送されていますから、もっと教養を高められる内容のものを選んで観たいものだとつくづく思います。

人以外の動物の社会では食べるため以外の理由で殺しあうようなことはありません。喧嘩をしても命までは取りません。
威嚇をして相手が逃げればそれで良いのです。どうです?人間より優れていると思いませんか?
[PR]
by yoas23 | 2007-04-08 16:43 | 想うこと
<< 柿の無い風景 ① ウグイスの初鳴き >>