恒例 春の高山祭り② からくり人形(三番叟)

さて春の祭りのからくりは秋の布袋台のみと違い3台が奉納します。
三番叟、石橋台、それに竜神台ですが、簡単にではありますが今日はそのうちの三番叟を紹介することにしましよう。
布袋台ほどの精巧さには欠けますが、それでも箱の中に顔を付けて見事翁の面を被る場面は固唾を呑んで見守ります。
無事に面を付けた後舞を舞うという設定です。
c0036317_4135083.jpg

↑先ずは開演を待つ人形から・・・

c0036317_414628.jpg

↑前へ進み出ながら手を振って会釈

c0036317_4193647.jpg

↑箱の蓋が開きました

c0036317_4143913.jpg

↑箱に顔を付けて暫くすると・・・翁の面に変っています。
また箱に顔を埋めているシーンがありませんが、その時はビデオを撮っていました(>_<)
[PR]
by yoas23 | 2007-04-15 04:21 | 飛騨高山 四季の旅
<< 恒例 春の高山祭り③ からくり... 恒例 春の高山祭り① >>