恒例 春の高山祭り④ からくり人形(竜神台)

さて春の高山祭りのからくりの最後は竜神台です。
このからくりの見事さは唐子が手にした錦袋が竜神に変るのですが、
一瞬にして変わるため大きさの変化に気付く人は少ないようですが、何と倍ほどの大きさになります。
袋を置く台も袋の下部の台に裏も平坦なように見えますが、どうやって袋が開くのでしょう?不思議なからくりです。
c0036317_23543644.jpg

↑錦袋を手にした唐子が登場

c0036317_23544964.jpg

↑橋樋の先にある台に置きますが、ここが上手く出来ないと後が続かない

c0036317_2355165.jpg

↑上手く置くことが出来た唐子は急いで引き返す
  その後竹生島の謡曲が流れ・・・

c0036317_23551149.jpg

↑一瞬にして袋が開き中から竜神が現れ紙吹雪が舞う

c0036317_23552220.jpg

c0036317_23553273.jpg

↑その後はしばらく竜神の激しい舞が続く
[PR]
by yoas23 | 2007-04-16 00:03 | 飛騨高山 四季の旅
<< 恒例 春の高山祭り⑤ 夜祭(曳... 恒例 春の高山祭り③ からくり... >>