恒例 春の高山祭り⑤ 夜祭(曳き別れ)

祭りの日決められた場所に曳き出された屋台は夕方になって提灯が飾られ、各町内の屋台蔵へと帰るのですが、
13台の屋台に照明が灯り、子供たちが歌う「高い山から」の囃子が流れ、ゆっくりと町内を曳き回される場面は圧巻です。
前にも書いていますが、春の祭りは雨の日の確立が高く、中止になることが多い中、今年は無事に開催されました。
c0036317_0325857.jpg

c0036317_033984.jpg

c0036317_0383054.jpg

c0036317_0392196.jpg

c0036317_0331914.jpg

c0036317_0333059.jpg

c0036317_0335110.jpg

町中の灯りが消され、三脚不使用のため光源が少なく手ブレ気味の画像が多いですが、
他にも何枚かあります。
没にしてしまうには惜しいので四季彩日記PARTⅡの方にアップしておきます。
ご覧になりたい方はこちらにどうぞ
[PR]
by yoas23 | 2007-04-16 00:37 | 飛騨高山 四季の旅
<< 今度は三重県で・・・ 恒例 春の高山祭り④ からくり... >>