恒例 春の高山祭り⑦ 祭り屋台1

高山祭りを有名にしているものは何と言っても豪華絢爛な屋台の存在でしょう。
春祭りに12台、秋に11台の合計23台が現存しますが、昔はもっとあったと聞きます。
老朽して再興出来なかったものや消失したものなどは銘旗のみが残り屋台の間に並んでいます。
巡幸行列の時の旗に現存していない名前があれば、それがそうだと思って下さい。
今回12台の内どれだけかを紹介して行きたいと思います。
c0036317_081964.jpg

↑三町通りに並ぶ屋台

c0036317_085082.jpg

↑本町に置かれた2台(手前が青龍台、奥が大国台)

c0036317_09065.jpg

↑青龍台

c0036317_091089.jpg

↑最近になって加えられた青龍台の彫刻

c0036317_092048.jpg

↑大国台
c0036317_093520.jpg

↑崑崗台
c0036317_094691.jpg

↑崑崗台の寿老人と鹿の見送り
[PR]
by yoas23 | 2007-04-17 00:18 | 飛騨高山 四季の旅
<< 複雑なタンポポ事情 恒例 春の高山祭り⑥ 巡幸行列 >>