廃村集落 西山

今は住む人もいなくなった糸魚川市西山の集落は大糸線の小滝駅の東にあるのですが、それは歩いて20~30分の距離とのこと、
昔は車道など無かったので皆歩いて降りて、小滝から汽車に乗り糸魚川まで用事に行ったということを、この土地の出身の方に聞きました。
今は反対側の根知から立派な舗装道路が付いていますがこの道路は新しく、舗装をされたのは離村してからといいますからちょっとタイミングがズレた感じです。
屋敷跡はすっかり片付けられたものとそのまま残されたものとがあるようで、朽ち果てた家が目に付きます。
ここにもかつては色々な人間ドラマがあったと思うと複雑な心境になりました。
c0036317_5352880.jpg

↑この家は今でも時々家主が帰ってくるようで衛星アンテナが取り付けられていました。

c0036317_5333846.jpg

c0036317_534107.jpg

↑倒壊した母屋

c0036317_5342039.jpg

↑田んぼや畑の跡

c0036317_5342996.jpg

↑ここでは外来のセイヨウタンポポは見られず、全てが在来のニホンタンポポでした。
  こんなところにも孤立した環境が窺えます。
[PR]
by yoas23 | 2007-04-28 05:39 | 日々の発見
<< イカリソウとトキワイカリソウ 新潟は山菜の宝庫 ① たらの芽 >>