ネコノメソウ2題

山地の湿った谷あいに群生して咲くネコノメソウという花がありますが、一見して何ら花らしくない花です。
よく見ると小さな花らしきものはあるのですが、花に見えるのは葉で中央が黄色くまるで猫の目のように見えるところからネコノメソウの名前が付いたようです。
飛騨も高山近辺には普通のネコノメソウとヒダネコノメソウという種があるようですが、
先日福井ではネコノメソウとイワボタンに似たホクリクネコノメソウに出会うことが出来ました。
ホクリク・・・の方は結構大きく1枚の葉が大人の指の爪ほどもありました。
c0036317_6121018.jpg

c0036317_6122035.jpg

↑上2枚はネコノメソウです

c0036317_6123928.jpg

c0036317_6125113.jpg

↑そしてこの2枚がホクリクネコノメソウ
いずれも福井県大野市和泉にて
[PR]
by yoas23 | 2007-05-09 06:14 | 野山の花
<< ふくべ水 何時もの風景 (田植え前) >>