何時もの八重山 ⑩

西表島も石垣同様お世話になるペンションは決めています。
今でこそ大きなホテルがあるこの島も最初の頃は民宿かペンションしか無く、旅館と言っても規模の小さなもので、本土のような設備の整った宿は少なかったものです。
特にお風呂場に湯船が無いのが温泉慣れした私には寂しいものでした。
そんな中このペンションには湯船があったのです。綺麗な室内と料理の美味しさも定宿として決めたのは言うまでも無いことですが・・・。
この日はちょうど母の日であり、私の誕生日でもあり、ついでに?祝って頂きました(^^♪
何時もは無いのですが、スタッフの方の三線(琉球三味線)や太鼓と沖縄民謡、それに踊りと・・・夜は更けて行きました。
c0036317_7205174.jpg

↑ペンションの前の浜です。

c0036317_721177.jpg

↑沖縄らしいマリンブルーの色です。

c0036317_7211176.jpg

↑部屋からは南国情緒あふれる庭とその向うには珊瑚礁の海が見えます。

c0036317_7212156.jpg

↑夕食の料理は島魚の煮付けにラフテー、麩チャンプル、もずくなどのほかお刺身もありました。

c0036317_722880.jpg

↑これは別料理でいのししのお刺身です。琉球いのししは本土のものとは違いお刺身で食べられるとのこと、
  つい珍しく少し食べてから撮影を思い出しました・・・。

c0036317_7213155.jpg

↑スタッフの方たちの唄や踊りで楽しい夜が過ごせました。

c0036317_7242948.jpg

↑暮れ行く窓外の風景です。
[PR]
by yoas23 | 2007-05-23 05:13 | 遠くまで・・・
<< 何時もの風景 (青田) 上高地 2 >>