上高地 6

穂高神社にお参りした後は嘉門次小屋で一休みです。
ここでは何時も岩魚を焼いて売っています。以前は鱒もあったのですが、最近は岩魚だけのようです。
お休み処と書かれた看板のある新しい小屋に隣接して、昔ながらの板葺きの小屋が嬉しいことに残されていました。
中では何時も囲炉裏から煙が上がって独特の懐かしい香りが漂います。
囲炉裏にはたくさんの岩魚が焼かれていました。ここを訪れる人のほとんどが召し上がられるようです。
c0036317_11493622.jpg

↑屋根も刳葺きの昔のままの小屋。

c0036317_11494759.jpg

↑小屋の前にある上條嘉門次のレリーフ。
  嘉門次翁は上高地の名ガイドと言われた人で、たくさんの人を案内したと言われています。
  その中にはあのウエストンもいたようです。

c0036317_11495771.jpg

↑向うにある古い小屋の中を覘いて見ましょう。

c0036317_1150656.jpg

↑真ん中に大きな囲炉裏があります。こんな所でくつろいでみたいですね。

c0036317_11501511.jpg

↑強い炭火で焼かれる岩魚、香ばしい香りがします。

c0036317_11502370.jpg

↑焼き上がった岩魚です、店の人が言った通り頭からすべて食べることが出来るほど柔らかく焼けていました。
[PR]
by yoas23 | 2007-05-26 11:58 | 山歩き
<< 何時もの八重山 ⑭ 何時もの八重山 ⑬ >>