コムラサキ

粋な芸者のような名前が付けられているこの蝶ですが、
日本の国蝶にオオムラサキというのがいて、それに対して小振りなところから来ていると言うと、
あまりロマンのある話でも無いですね。
大きさは翅を広げて5cmほどですが、何と言ってもこの蝶の魅力は紫色に幻色を放つところです。
これからの季節、山道で吸水に来ている時など、翅を開閉しているのに遭遇したら、ゆっくり観察してみると良いです。
c0036317_2113671.jpg

↑この写真のものは自宅の裏にあるヤマナラシの木に蛹がいたのを拝借して、室内で羽化させ撮らせてもらいました。

c0036317_2114653.jpg

↑30枚ほど撮影の後、梅雨空へと飛んで行きました。
[PR]
by yoas23 | 2007-06-28 02:14 |
<< 熊の爪痕 露天風呂 >>