鮎掛け

私は鮎の友釣りはやりませんが、解禁当初から川は賑わっています。
友釣りは鮎掛けと言って、おとりを使って追いかけて来る鮎を、仕掛けた針に掛けて獲る漁法ですが、
釣れる期間が短いのと、オトリ鮎の扱いが面倒なこと、また道具を揃えるのも大変だから、
やってみたい反面手を出せずにいます。
ただ釣っている人は気になって・・・暫く立ち止まって見てしまいます。
何と言っても夏の風物詩ですから見ていても涼しさが味わえますね。
c0036317_036851.jpg

高山市朝日町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-08-01 00:38 | 飛騨高山 四季の旅
<< 何時もの風景 (梅雨明け) 夏わらび >>