キボシアシナガバチ

人家の軒裏や物置の影などによくアシナガバチの巣が掛けられていて、その掛け方で気候も占えるという話しがありますが、
アシナガバチにもいくつか種類があり、キアシナガバチやセグロアシナガバチの他コアシナバチ、やホソアシナガバチなどがいます。
どれも大雑把な巣を造るのですが、このキボシアシナガバチは少し高級感のある巣で、蛹室に黄色の蓋を作るため良く目に付きますね。
蜂といえば刺されることがあり、大型のものであれば稀にですが死に至ることもありますから注意が必要ですが、
不意にさえ近付かなければそんなに心配は要りません。
しかし、一度刺すと死んでしまうミツバチなどとは違って、アシナガバチやスズメバチは何度でも刺しますから、
命と引き換えということでは無いので、より注意しなければなりません。
アシナガバチとて立派なスズメバチの仲間ですから・・・それにこのキボシアシナガバチの場合は特に凶暴です。
でも胸部や腹部のマホガニー色がきれいですね。
c0036317_2163018.jpg

c0036317_2164452.jpg

c0036317_2165561.jpg

高山市滝町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-08-06 02:18 | 昆虫
<< トリアシショウマ オオウバユリ >>