オナガシジミ

オニグルミのある所には普通にこの蝶がいますが、大きな木であるため樹上に生活することが多く、目に触れる機会も少ないかも知れません。
やや大型のシジミチョウの仲間で、日本に棲んでいるもの24種をゼフィルス(西風の精)と呼び親しんでいますが、このチョウもその仲間の一種です。
ゼフィルスの多くは翅の表が金緑色に輝くものが多いのですが、これは表はまったくの黒一色です。
しかし裏面には白銀色の地に濃淡のある黒斑点を散りばめており、なかなか渋い模様をしています。
チョウは翅の表が美しいものと裏の方が美しいものがありますが、美しいとは何を基準に?と考えてしまいます。
美しさって人が感じるもので、当のチョウ自身は気にしていないことなのかも知れません。
c0036317_123830.jpg

c0036317_1232038.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-08-08 01:05 |
<< ノウゼンカズラ 大岩魚 >>