ホツツジ

ホツツジはツツジ科としては夏に花が咲く珍しいものです。
花がとにかく細かいのでつい見過ごしてしまいがちですが、一度見付かると今度は逆に目に付くほど各所にあるのに気付きます。
やや乾燥した場所を好むので、日当たりの良い崖などのある場所にはたくさんあるようです。
これに良く似たミヤマホツツジというのがありますが、飛騨では標高で1000m近くまではホツツジ、それ以上になるとミヤマホツツジに替わります。
ミヤマホツツジの方は花の大きさが大きく、また雌しべの先が丸くなることや、倒卵形の葉の先が丸いことなどで区別が付きます。
c0036317_632371.jpg

c0036317_6321452.jpg

c0036317_6322432.jpg

高山市上宝町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-08-22 06:35 | 野山の花
<< ほおのき平のコスモス祭り 標高も2300mでは今がオオカサモチ >>