オクトリカブト

渓流釣りには禁漁期がありますが、飛騨では9月10からの河川が多く、その日が近付くことを知らせてくれるのがこのトリカブトの花です。
竿を振って進む先に紫色の独特の形の花を見た時、まさに一抹の寂しささえ覚えます。
今年ももうそんな季節を迎えました。
さて、このトリカブトですが、各地に色々な種類があります。
同定が難しい部類に入り、亜種なども含めると大変やっかいなグループです。
図鑑に記載されていることもそれぞれ違っていたりで、花の形はもちろん葉の形、茎の様子など多岐にわたって観察分類しなければなりません。
・・・で、それによると、これはオクトリカブトと見られます。ヤチトリカブトやハクサントリカブトのように葉の切れ込みが深くないこと、
5裂することなどで見分けました。
乗鞍山塊には他にミヤマトリカブトタカネトリカブトなどがあります。またミヤマトリカブトの変種のハクサントリカブトは飛騨一円に広く見られます。
余談ですが、猛毒と言われるトリカブトの中でもこのオクトリカブトの根が一番だそうで、少し噛んでみただけでピリッ!とした感覚が走るそうです。
(でも良い子は真似をしてはいけませんね)
c0036317_3545291.jpg

c0036317_355323.jpg

c0036317_3551328.jpg

高山市丹生川町岩井谷にて
[PR]
by yoas23 | 2007-08-24 04:01 | 野山の花
<< 道の駅 奥飛騨温泉郷上宝  ほおのき平のコスモス祭り >>