続 あのやまずみ酒は・・・

昨年の秋、熊がいる山で収穫して来たやまずみの実とそれを漬けた果実酒はこの前紹介しましたが、いよいよ飲み頃となりました。
4月に入って中の実を取り出した時点ではまだ色が薄かったのですが、今では熟成して琥珀色も濃くなって来ました。
冷たい水で割って氷を浮かべて・・・
程よい渋みがとても上品で深い味わいがあります。
こんなに美味しく仕上がるのであれば今年はもっとたくさん漬けようとさえ思います。
これは喘息の薬と聞いていましたが、冬まで持ちそうにありません。
c0036317_044137.jpg

やまずみとは地方名で和名はオオウラジロという名前です。
[PR]
by yoas23 | 2007-08-28 00:08 | 食いしん坊
<< 雨の中の飛騨の里 1 時期外れのヤブカンゾウ >>