キンミズヒキ

ミズヒキはタデ科ですが、このキンミズヒキ(金水引)はバラ科の花で、
感じは違いますが、イチゴはもちろんキジムシロやミツバツチグリなどと同じ仲間です。
花だけ見ているには可愛くて良いのですが、
この実は円錐状の形で底に当たる部分には鉤状になった毛があり、
くっ付くとなかなか取れなくて、山歩きには面倒なものです。
気が付いたらズボンの裾にビッシリといった経験をお持ちの方も多いかと思います。
立ち止まって毟りとっていて、ふと感じますが、
これでこの種の目的は達成出来たと思うと何だか癪に障りますね。
キンミズヒキにはタンニンが含まれていて、下痢止めに効果があるようです。
c0036317_016821.jpg

c0036317_0161964.jpg

c0036317_0162963.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-08-30 00:16 | 野山の花
<< 雨の中の飛騨の里 2 雨の中の飛騨の里 1 >>