雨の中の飛騨の里 4

飛騨の里の魅力の一つは旧家の展示ばかりではなく、中に入って昔の人の生活感を感じることが出来るところにあると思います。
各家には囲炉裏がありますが、そこに座れば奥の方から家人が出て来そうな感じさえ受けます。
また民具のコレクションなども充実していて、昔の生活を偲ぶことにも事欠きません。
ほとんどの家が内部展示をしていますので、上がり込んで雰囲気に浸るのも良いでしょう。
c0036317_436195.jpg

↑ こんなお堂が各所に造ってあります、何をお祀りしているのでしょうか?

c0036317_4363125.jpg

↑ 木挽き小屋(手前)と杣小屋です。昔の山仕事の現場に入ったようです。

c0036317_4364347.jpg


↑ 旧大野家の囲炉裏です。この家は板敷きですが、多くの家は板敷きが多かったようです。

c0036317_4365642.jpg

↑ 蕎麦の実などを挽く石臼です、さりげなく置いてありました。

c0036317_437927.jpg

↑ こちらも旧大野家の囲炉裏です。3枚目の写真の奥の囲炉裏ですが、一部屋に二つあるのも珍しいです。家人が別々に座っていたのでしょうか?ちょっと気になりました。

c0036317_4372550.jpg

↑ ここの鉤釣は鯉のようです。右下の照明が邪魔ですが、良いアングルだったもので・・・
[PR]
by yoas23 | 2007-09-03 04:50 | 飛騨高山 四季の旅
<< 深山のミヤマセンキュウ 再び銚子の滝 >>