雨の中の飛騨の里 7

昨日の西岡家の二階から見た田んぼですが、これは「車田」といって真ん中の杭を中心に丸く植えて行く田んぼで、
昔から受け継がれたものです。
また唐臼小屋はバッタリ小屋とも言うのですが、以前の飛騨の里の紹介の時も話題になりましたね。
今回も同じアングルで撮って来ましたが、その時の写真と比べて見ると水を受ける舟が動いているのが分かると思います。
c0036317_22431840.jpg

↑車田の説明看板です。

c0036317_22433166.jpg

↑これが車田、ちょっと見難いですが、杭を中心に円形に植えてあります。

c0036317_22434398.jpg

↑西岡家です、昨日の窓は二階の窓でした。

c0036317_22435540.jpg

↑もう一度、これが車田です。

c0036317_2244992.jpg

↑私の説明より分かりやすいかと思い、今回は看板も撮って来ました。

c0036317_22442322.jpg

↑前回は紫陽花が見頃でしたが、今年はもう終っていますね。
「飛騨の里」もう少し続きます。
[PR]
by yoas23 | 2007-09-05 22:53 | 飛騨高山 四季の旅
<< ボスの役目 野麦峠のヤナギラン >>