ヌスビトハギ

先日ひっつき虫の一つ、キンミズヒキを紹介しましたが、今回のも厄介なひっつき虫のヌスビトハギです。
盗人とはまたショッキングな名前ですが、 鞘状の豆の形が忍び足で歩く盗人の足に似ているところから付いた名前と言います。
私には「月光仮面」のサングラスの形に見えてしまうのですが・・・
さて今はまだ種には早く花の時期ですが、こんな花が咲きます。
c0036317_073223.jpg

c0036317_074450.jpg

c0036317_075480.jpg

高山市上宝町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-09-06 00:09 | 野山の花
<< 雨の中の飛騨の里 8 ボスの役目 >>