高ボッチ山のヒメヒカゲ

信州の高ボッチ山へヒメヒカゲを見に行って来ました。
この妙な名前の山は塩尻市と岡谷市の境にあって、昔は牧場だったのでしょうか?山頂一帯は樹木が少なく、草原が広がっていて東には富士山、諏訪湖、西には安曇野、北アルプスが見渡せる風光明媚な場所です。
c0036317_17173340.jpg

↑ヒメヒカゲという蝶はこのような草原性の蝶ですが、どちらかと言えば湿った感じの草原に生息しています。
従って何処でも見られるような蝶ではなく、特殊な分布を示しています。
草原の中を歩いてみると足元から黒っぽい小さな蝶が飛び出します。 
止まった様子を見てみればいくつか並んだ目玉模様が羽裏に見られ、まぎれもなくヒメヒカゲです。

c0036317_17202462.jpg

↑画像は上がヒメヒカゲの♂、下が♀。

c0036317_1721476.jpg

↑草原を歩けばいくらでもこの蝶は飛び出します。風が強いこのような場所でも飛ばされることなく、世代を繰り返しています。 また時々は訪れたい場所です。
[PR]
by yoas23 | 2004-07-20 20:07 |
<< 11月の八重山 信州 馬曲温泉 >>