クサボタン

独特の花の形をしており、この時期薄い紫色の花は珍しく見かけたら印象に残る花です。
また蕾が割れて先からカールして行くのは面白い咲き方ですね。
花が可愛くて美しいので手折ってみますが、キンポウゲ科独特の有毒の汁が出て来て、
たちまち切り口を塞いでしまいますので、水揚げが悪く切花としては向かないようです。
クサボタンはセンニンソウやボタンヅルと同じ仲間なのですが、同じように種が糸状の綿毛になって飛んで行きます。
秋遅くに青空に舞う綿毛もまた心地よいものですね。
c0036317_0124095.jpg

c0036317_0125236.jpg

c0036317_013297.jpg

c0036317_0131320.jpg

いずれも平湯温泉で
[PR]
by yoas23 | 2007-09-16 00:28 | 野山の花
<< 種蔵の板倉 栃の実の落ちる頃 >>