ミヤマウズラ

こんなに小さくてもミヤマウズラはランの仲間です。
やや湿った林内に8月頃咲く花で、丈は20cm前後です。
良く見ないとランの花独特の形には見えないかも知れませんが、可愛い花ですね。
さて名前のウズラですが、葉の模様が鶉の卵の模様のようだということですが、この地方のものは網目にしか見えません。
また茎や花は白色で長い縮毛があります。
c0036317_20563749.jpg

c0036317_20565032.jpg

c0036317_2057084.jpg

c0036317_2057993.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-09-17 20:59 | 野山の花
<< クサイチゴの実 名前の無い滝 下呂市馬瀬町編 >>